×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

インナーマッスルとは?

インナーマッスルの知識とその重要性

そもそもインナーマッスルって何?

そもそもインナーマッスルって何?

皆さん一度はインナーマッスルという言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかしインナーマッスルの役割や重要性を理解できている人は少ないと思います。
インナーマッスルとは、体の「深部」に位置する筋肉です。体幹を支えている筋肉としては主に「腹横筋(ふくおうきん)」「多裂筋(たれつきん)」「横隔膜(おうかくまく)」「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」の4つがあります。
体の大きな動きをするための筋肉(アウターマッスル)とは違い、体のバランスを保つ、姿勢を正す、怪我を防ぐために機能しています。また、呼吸や消化などの生命維持にも必要な機能を支える役割も果たします。

腹横筋

腹横筋は、お腹の部分に位置するインナーマッスルで、腹部の最深層に存在します。この筋肉は、体幹の安定化に大きく寄与し、呼吸と連動して動きます。また、腹横筋は体の保護と姿勢制御にも重要な役割を果たします。これらの筋肉を鍛えることで、体のコア(中心部)を強化し、体全体のバランスと安定性を向上させることが可能となります。

多裂筋

多裂筋は、背中の中央部分に位置する筋肉で、体幹を安定させるのに重要な役割を果たします。特に背骨の動きをコントロールし、背筋を使って立つ時や重いものを持ち上げる時などに働きます。また、深呼吸やくしゃみ、咳などの際にも多裂筋は活動します。

横隔膜

横隔膜は、胸腔と腹腔を分ける筋肉で、呼吸の際に特に重要な役割を果たします。吸息時には横隔膜が下がり、腹部が膨らみます。そして、呼息時には横隔膜が上がり、腹部が凹みます。この動きによって、肺が膨らみ、酸素を取り込むことが可能となります。横隔膜の強化は、深い呼吸とリラクゼーションに役立ちます。

骨盤底筋群

骨盤底筋群は、文字通り骨盤の底部を形成する一連の筋肉群で、内臓を支える役割があります。これらの筋肉は、排尿、排便などに関与し、特に妊娠や出産後の女性にとって重要です。骨盤底筋群を鍛えることは、骨盤周りの筋肉を強化し、尿漏れや腰痛の予防に役立つとされています。

インナーマッスルの重要性

ここまでくると、いかにインナーマッスルが自身の体に関わっているかが分かるかと思います。しかしこのインナーマッスルはアウターマッスルと比べ、使っているのか自覚しづらい筋肉です。
そして、普段私たちのインナーマッスルは使えておらずOFF状態であり、このOFF状態の原因は身体の体重心の位置のずれからくると考えます。インナーマッスルを常時ON状態にし、「鍛える」よりも「使う」を提案します。

おすすめ商品

お問い合わせCONTACT

IRERUDAKEへのお問い合わせはこちら

TEL : 0296-71-8580

営業時間 10:00~16:00
定休日 土・日曜日、祝日

お問い合わせ